アクセス解析を利用するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アクセス解析を利用するポイント

ホームページ運営にはアクセス解析が必須になっています。

このアクセス解析は本当に複雑なものになっているのですが、しっかりと活用することで、ホームページの集客対策をすべきページの把握と、ホームページが抱える問題のあるページを発見でき、ホームページの改善をピンポイントで行うことが可能になります。

そしてこの作業については実は相当量の作業が必要になっていて、これらを徹底することでホームページは本当に効果を出すことが可能なのです。

そこで今回はホームページの成果を出すためにグーグルアナリティクスを利用するポイントをご紹介いたします。

グーグルアナリティクスは健康診断ツール

what-analyze

グーグルアナリティクスって何ですか?と言われればホームページの健康診断ツールですと答えています。

ホームページの様々なページのデータを表示してくれるツールになっており、これらを利用することで、どのページが人気があるのかないのか、さらにはどのページに問題があるのか、どのページが成果に大きく貢献しているのかなどを知ることが可能です。

これらのツールを利用してホームページを改善していくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まり、御社の期待を超える成果を出せるようになります。

そしてこのホームページの健康診断ツールは、ホームページ運営には必須になるのですが、ホームページ制作直後からは不要で、ある程度訪問者数が増えてきてから利用するのが良いでしょう。

では、アクセス解析データを使った分析法をご紹介いたします。

まずは全体を把握

ホームページ全体を把握

まず初めにホームページ全体で1日あるいは月でどれくらいの訪問者が来て、どれくらいの直帰率があるかをご存知でしょうか。

ホームページ運営者であれば、正確な数値は不要ですが、大体のこれらの数値は把握していかなくてはならず、そうすることで、自社のホームページの状況を把握できているということができるのです。

そしてこれらを把握したからと言って当然、ホームページの成果が出るということはないのですが、しかし知っていると知っていないでは、ホームページに気をかけるという意味では大きく異なってくるので、最低限ホームページ運営者としてこれらはデータで把握していく必要があります。

そしてこれらをしっかりと理解していくことで、ホームページは本当に効果的な対策が打てるようになるので、まずはこの現状把握だけでも行うようにしましょう。

そしてこの現状把握ができれば、ざっくりとでも良いので、SEOを作業中の方は、現状のSEO効果なども把握することになり、より自分の対策を効率よく行えるようになるのです。

基本は直帰率の改善だけで良い

直帰率を改善

そしてこのホームページの実際の改善については、基本的には直帰率の改善だけで良いといえます。

もちろん、ホームページ運営を真剣に行っている方は直帰率以外にも1人が見た平均ページ数などの数値を把握して、改善していく必要がありますが、しかし大半の企業さまにおいては、まずは直帰率を直すことで、ホームページの成約率を飛躍的に高めることが可能なのです。

どういうことかと言うと、直帰率とは検索エンジンなどからの訪問者が入口ページだけを見てホームページから出ていった割合になっていて、この割合を減らすことで、ホームページ内の情報をしっかりと見てもらうことができるのです。

そして、この直帰率を減らすことは実は大きなメリットになっており、基本的にホームページは2ページ以上を見たユーザは本当に多くのページを見てもらえるようになります。

具体的な数値としては、あるアクセス解析業者が調べた結果ですが、ホームページ全体で見るとひとりが見た平均ページビュー数が3.7ページ程度のホームページの直帰者を引いて計算したところ、直帰しなかった人の平均ページビュー数は、7ページを超える数値になっていたのです。

これは本当に有益な情報で、簡単に言うと直帰者さえいなくなければ、御社のホームページをしっかりと見てくれるユーザだけのホームページになるということが可能です。

そして当然営業トークと同じで、ユーザが気になるポイントだけを話続けることで、成約率は本当に高くなるのですが、これらを行うことができれば、そのホームページは本当に成果を出せるホームページになるのです。

そのため、弊社は大阪のホームページ制作会社ですが、この直帰率の改善をある程度集客に成功しているホームページの運営会社さまにはかなり力を入れて提案をしており、この直帰率を改善できれば、そのホームページの成約率は飛躍的に高まります。

そしてこれらの直帰率の改善は例えば直帰率が高く入口回数が多いページが緊急度の高いページになるので、改善していかなくてはならないのですが、具体的にどのページが問題化は分かっても、どこか問題化は仮説になるのです。

ただ、何度か改定を行っているとそれらの問題点は必ず改善されるので、ぜひとも行っていただきたい対策になっています。

ホームページ制作はアクセス解析を利用することで、成果が最適化されるので、ぜひアクセス解析を利用したホームページ運営を行ってはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。