ホームページ作成のページ数と運営のページ数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページ作成と運営のページ数

ホームページ作成のページ数と運営のページ数についてはそれぞれしっかりと何ページ必要かを知っていく必要があります。

この必要なページ数においては、実際にはかなりばらつきがあるのですが、大体ですが、弊社はホームページ作成段階では20ページ前後、ホームページ運営段階では150ページ前後になると言っております。

もちろん、これらのページ数は闇雲に出しているのではなく、調査結果についてお話をしているのですが、なぜこれくらいのページ数になるのでしょうか。

そこで今回は、ホームページ作成のページ数と運営のページ数についてご紹介をいたします。

ホームページ作成のページ数

ホームページ作成のページ数

弊社はホームページ作成会社なのですが、ホームページ作成では必要なページ数があります。

実際にこれらはお客さまのご予算や目的によってはもっと少ない場合もありますが、多くの場合はプライバシーポリシーを作成したりするので、大体少なくて10ページ、普通で20ページのホームページ作成であることが一般的です。

そしてもちろん、20ページあれば良いというものではないのですが、しかし大体お客さまが打ち出したい情報を計算すると20ページくらいに収まることが多く、これらをしっかりと作成していくことで、ホームページは本当に有益なツールになるのです。

ただし、この20ページについては理想形になっており、もちろん中には予算の関係などから10ページでのホームページ作成を提案することもあるのですが、この場合は本来打ち出すべきページをブログなどを利用して、そのページを作成することをお願いしております。

これらをしっかりとルールの中で行っていくことで、ホームページ作成は本当に効果的なものになり、御社の期待を超える成果を出せるようになります。

そのため弊社では基本20ページくらいのホームページ作成を推奨しており、これらをしっかりとご理解いただいたうえで作成することで、そのホームページ作成はその効果を飛躍的に高めることが可能なのです。

ホームページ運営のページ数

ホームページ運営のページ数

弊社はホームページ作成会社になり、そしてこのホームページ作成においては、単にホームページを作成して終わりと言うのではなく、しっかりとホームページ運営についても検討をしております。

そしてこの検討においては、ホームページ作成においては現在SEOが必須になっており、このホームページ運営をどのように行うのか、そしてどれくらいの量を行えばいいのかを明確にしていく必要があります。

そしてこの量については、実は相当な努力量ということができ、もちろん目標ページ数を適当に出しているのではなく、しっかりと数値データとして出しているのですが、このページ数は大体ですが、150ページ程度になることが多いです。

この150ページと言うのは、少ないと100ページ多いと200ページであることがあるので、150ページと言いましたが、実際には200ページを作成しなくても、ホームページの作り事態がしっかりとしていれば、200ページを目標のときに150ページの作成でもう無理となった時にそれで成果を出すこともあるのです。

当然のことですが、現在のSEOにおいては被リンクは非常に大切な要素になっているので、ページ作成だけで成果を出すこともあるにはありますが、しかし実際には被リンクを行っていただくことが多いので、この目標ページ数をクリアーしたら次に行うのは、被リンク対策になります。

この話をすると、稀に被リンクで上げるのであれば初めから被リンクすれば良いのではないかと言われることがあるのですが、しかし現在のSEOはそのようなページ数がないのに被リンクが異常に多いホームページは安定して成果を出すことがなかったり、上がらなかったりします。

そのため、この被リンク対策を行うためにもしっかりとページ作成をしていくことで、その効果は飛躍的に高まり御社のホームページの検索順位を大きく高めることが可能なのです。

ホームページ作成・運営のページ数

ホームページ作成・運営のページ数

ホームページ作成・運営のページ数については極論で言えばですが、多ければ多いほど良いです。

しかし、なんでもいいということはなく、御社が狙ったキーワードでの記事数が大切になっています。

現在のSEOは検索者のキーワードに対して最も詳しいホームページを上位表示させており、これらの上位表示においては、本当に多くの労力が必要になっています。

ただし、これらを徹底して行うことで、必ず御社のホームページはSEOで成果を出すことが出来、期待以上の成果を得ることが可能なのです。

現在のSEOは本当に難しいものになっていますが、しかしそれはライバルサイトも同様であり、同じ条件でライバルと戦っているのです。

そしてその時にグーグルが定める本当に質の高いページ作成や被リンクを獲得していくことができていれば、現状では順位は上がりきっていないにしても必ず中長期的に見れば上位表示が可能になっています。

これが現在のページ作成の考え方であり、多ければ多いほど良い、しかしその質には注意して作成しなくてはなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。