ホームページを公開したら入れたいツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページを公開したら導入したいツール

ホームページを作成したら必ず導入したいツールが2つあります。

その2つとは、どちらもグーグルのツールになるのですが、グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスになっており、これらのツールをしっかりと導入してから運営していくことで、そのホームページの成果を高めることが可能なのです。

そしてこれらのツールを闇雲に運営していても成果を出せるものではないので、しっかりと運営していくようにしましょう。

そこで今回は、ホームページを公開したら導入したいグーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスをご紹介いたします。

グーグルサーチコンソール

グーグルサーチコンソール

グーグルサーチコンソールはSEOを考えているすべてのホームページが導入しなくてはなりません。

このSEOを考えているというのはもちろん社名検索なども含んですべてになっており、検索エンジンからの訪問者が訪れるホームページはグーグルサーチコンソールを導入する必要があるのです。

このグーグルサーチコンソールで行えることは知れているのですが、これらをしっかりと行うことでホームページは飛躍的に成果を高めることが可能です。

XMLサイトマップの送信

まず初めに必ず行いたいのがサイトマップの送信になります。

このサイトマップを送信することで、グーグルにすべてのページの情報を伝えることが出来、そこからインデックスされるかどうかはそのページの質とグーグルの判断になります。

そしてこのXMLサイトマップは基本的には、しっかりと質の高いページを作成しておくことで、必ずインデックスされるようになるのですが、しかしインデックスされないということが実際にあり、それはそのページの質が低いことが要因です。

そのため、もしインデックスされていないページがあれば、そのページの内容を見直したり、さらにはそのページに被リンク対策を行うなどをしてグーグルにしっかりとインデックスされるようにすることで、ホームページの成果を高めることが可能なのです。

そして注意点としては、このXMLサイトマップは手動で作成しても良いのですが、原則自動生成をしなくてはならないものになっていて、しっかりと自動生成を行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まります。

この自動生成については、グーグルも推奨しているので、現在は多くのXMLサイトマップ作成ツールやワードプレスであればプラグインなどもリリースされているので、これらを利用していくことで、本当に成果の出るホームページへと成長致します。

URLの送信

次に新規ページは必ずグーグルにURL送信を行う必要があります。

このURL送信は、一般的には、もちろんグーグルはURL送信を行わなくてもしっかりとそれぞれのページを認識してくれるのですが、しかしURLを送信しておくことで、認識速度が速まると理解しておいた方が良いです。

そしてこの作業は、SEOで上がればいいな程度の方であれば、ホームページの更新だけで手いっぱいだと思いますので、行わなくてもいいのですが、ほとんどのホームページやブログではこのURL送信をしているので、早くSEOで結果を出したいという場合には作成したらすぐに実施していかなくてはなりません。

実際に弊社も昔利用していたことがあったのですが、このURL送信は本当にインデックスが早いものになっていて、あるとないではその効果は大きく異なってきます。

問題点の発見と改善

グーグルサーチコンソールのカバレッチ>除外にあるエラーをしっかりと確認して対策を取ることで、ホームページのSEO上の問題点を解決することが可能です。

この問題点については、実際に複雑なものもあることがあるのですが、しっかりと対策を行うことで、御社のホームページはSEO効果を少し高めることが可能です。

現在のグーグルが示すこの問題点の解決は比較的難しいものも多くあり、単純にホームページ制作会社やSEO会社に依頼しても治らないことも多いのですが、取り敢えずは簡単に改定できる箇所だけはしっかりと改定しておくようにしましょう。

そしてこれらをすべて改善したとしても検索順位が上がることは滅多になく、アフィリエイターの方などの意見によれば、このサーチコンソールのエラーを改善することはSEOの初級の作業であるようで、ホームページ運営効果を高めるためのSEOとしてしっかりと対策を取ると良いでしょう。

スパム・リンク・グーグルクローラーの集客など

普段はあまり利用しないと思いますが、スパムかどうかの判定ができたり、グーグルのロボットがどれくらいの頻度で訪れているのか、リンクはどのようなホームページから獲得できているのかも知ることが可能です。

しかし、これらのデータは初めてウェブマスターツールをご覧の方にとっては、比較的理解が難しいものになってくると思いますので、取り敢えず見ておく分には問題がないと思いますが、これらのデータを利用してホームページの改善まではしなくていいと思います。

これらを利用した改善を行うのは、ホームページ制作会社やSEO会社が行えば良く、もちろん興味がある方はこれらのデータを駆使してホームページを運営していいのですが、しかし本当に多くの時間が必要になります。

そのため、こちらのデータはちらっと見る程度で考えて置き、このデータを使ってホームページの改善を行うのではなく、データとして把握するだけにとどめ、考える時間を短縮することが重要です。

グーグルサーチコンソールの導入と活用法

グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクス

次にグーグルアナリティクスの導入をします。

このグーグルアナリティクスは、1言でいうと、ホームページの健康診断ツールになっており、ホームページで悪い箇所があると、それらの箇所を改善してホームページの成果を正常化することが可能です。

そしてこれらの作業は本当に大変なものになりますが、しっかりと行うことでホームページは少しずつ成果を高めることが可能なのです。

そして1点だけ注意点があり、それはグーグルアナリティクスの利用は、基本的にはある程度集客対策ができてからで良いという点です。

訪問者数が少ないのに、どんなにアクセス解析のデータを見ていても成果が出るおkとはありませんし、また問題点も非常に見えづらいものになっているので、訪問者数が少ない場合は、SEO対策やソーシャルメディア対策などを優先して行うようにしましょう。

もちろん、これらの対策を行ってホームページから成果が出たらしっかりとホームページの成約対策を行うことで期待以上の成果を得ることが可能なのです。

グーグルアナリティクスとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。