モバイルファーストインデックスの遅れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モバイルファーストインデックスの遅れ

現在、モバイルファーストインデックスが遅れているとの情報がありました。

このモバイルファーストインデックスについては、今回のバージョンアップ以降、モバイル対応をしていないホームページのインデックスを辞めるという発言をしているので、多くの会社でモバイル対応を行ったホームページ制作が求められております。

そこで今回はこのモバイルファーストインデックスについてとその遅れについてをご紹介いたします。

モバイルファーストインデックスとは

モバイルファーストインデックスとは

今回の、モバイルファーストインデックスにおいては、グーグルはすべてのホームページの情報収集をモバイルをベースに行うというものになっております。

そしてモバイル対応をしていないホームページはインデックスをしないと発言したこともあり、基本的にはモバイル対応をしていないホームページ制作は、検索結果から除外されてしまう可能性があるという点があります。

そのため、これからホームページ制作を行う際には、必ずモバイル対応が必要に案っていること、そして現在PCサイトしかない、あるいはモバイル用のホームページを制作している場合は、すぐにレスポンシブウェブデザインでの制作を行うことなどが急務となっております。

そしてこのインデックスから削除されるということは、基本としては、グーグルの検索結果に表示されないかもしれないものになっており、そうなってしまうと、これまでホームページを利用して検索結果ページから集客していたユーザがまったくアクセスされないので、お問い合わせ数が大きく減ってしまうのです。

そしてこの期限については、基本的には3月末だと言われていたのですが、最近情報収集をしていると、4月あるいは5月ではないかという記事を見かけました。

モバイルファーストインデックスの遅れ

モバイルファーストインデックスの遅れ

このモバイルファーストインデックスの遅れについては、海外SEO情報ブログのGoogle検索の完全MFI化まで残り1か月を切る、ただし未移行サイトの強制移行はバラけるかもの記事に記載されておりました。

この記事を見ていくと基本的にはまだモバイル対応をしていないホームページでは、急ぎモバイル対応を行うことは求められておりますが、しかし、期限が伸びたという記事になっております。

そしてその前にグーグル側で、モバイル対応をしていないホームページを検索結果から削除しても、検索結果ページの品質に影響がないということを調査しているため、いったん作業を止めているということになっているようです。

そしてこの調査が終われば少しずつモバイル対応していないホームページが消えるかもしれないものになっており、中長期的なことを考えるのであれば、このタイミングでモバイル対応をしておいた方が良いものになっております。

しかし例外があり、それはSEOに依存を一切していないホームページになります。

最近ちょくちょくお客さまの中にも、SEO対策はいらないからソーシャルメディアの運営をしたいあるいはしているというお客さまも増えてきたように思っており、この場合については基本的には、モバイル対応をする必要はないと思われます。

ただし、社名検索や1人でも見込み顧客の集客にSEOを利用している場合においては、しっかりとモバイル対応をしていくことが重要ではないかと考えております。

まだ何も対策をしていない

何も対策をしていない

そしてちょくちょくあるのがまだまったく何も対策をしていないという場合になっております。

この場合においては、今からホームページのリニューアルを行っても間に合うものではないので、取り敢えず急ぎ予算はかかりますが、現状のホームページのモバイル対応を取り敢えず急ぐことが大切になっております。

そしてその後、ホームページリニューアルを行うことで、基本的にはグーグルはデータベースから削除をせずにしっかりと検索結果に表示された状態でのモバイル対応が可能になっております。

このモバイル対応を取り急ぎ行う上での注意点は、大体1ヶ月くらいかかるものになっているのですが、しかしこの一カ月間しっかりと対策を行い続けることで、本当に成果の出続けるホームページとなるのです。

ただし、既存のホームページを無理やりモバイル対応をすることは、基本的にはレイアウトがおかしくなったりすることもあるので、モバイル対応~リニューアル完了後まではお問い合わせ数が減るかもしれないということをしっかりと理解していくことが重要です。

急ぎホームページ制作会社に相談を

急ぎホームページ制作会社に相談

そして現在モバイル対応をしていないホームページは急ぎホームページ制作会社に相談を始めることが重要です。

根本としては、インデックスを削除すると言っていても、その言葉をそのまま受け取るのであれば、社名検索も引っ掛かりませんが、検索結果の品質を考えると、社名検索だけは引っ掛けてくるかもしれません。

そのため、もしかしたらモバイル対応をしなくても、これまでよりもモバイル対応の加点が大きくなるだけというレベルの話かもしれませんが、しかし一応はそのようなかすかな望みにかけるよりは、しっかりと対応をしていくことが重要になっていると思われます。

ただ、その際にお客さまが思うよりもずっとホームページ制作は時間がかかるものになっているので、しっかりとこれらを行うことで、期待以上の成果の出るホームページ制作となっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。