ホームページ運営ですること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページ運営で行うこと

ホームページ運営で行うことをご存じでしょうか。

このホームページ運営で行うことを明確にしておかないと、必ず後から後悔する結果になるので、しっかりと理解をしてから対策をしていく必要があります。

そしてこれらの作業は、本当に成果を考えると膨大になっており、できれば成果と切り離して考え、そして自然とホームページの成果を出せるのが良いでしょう。

ただ、実際には成果を考えないというのはまずありえないと思いますので、今回は成果を考えた場合にホームページ運営で行うべきことをご紹介いたします。

SEO対策は難しい

SEOは大変で難しい

まず成果を出すために考えるのはSEO対策になります。

そしてこのSEO対策が本当に大変なものになっていて、現在弊社ではSEO対策を5ヶ月ほど行っているのですが、まだ順位が上がりきっていないのです。

その理由は、基本的にはSEO対策においては、ページ数と被リンク数が膨大に必要なものになっていて、この膨大に必要な理由はライバルサイトがそれだけページ数を被リンク数を得ていることが要因です。

もちろん御社が狙っているキーワード次第では、比較的容易に上げれることもあるのですが、弊社の目標値としてはページ数は700ページ(後200ページ)、被リンク数は4,000(後3,500)は必要になってくるのです。

そのため、弊社では現状ホームページ運営を行うのはSEO対策のためになっており、SEO対策で成果を出すことができればホームページのお問い合わせ数も増えるので、その効果は飛躍的に高まるのです。

そして、この作業は本当に大変で、1日や1ヶ月などで終わるというのは結構レアなケースで、大体ですが1年くらいの期間が必要になってきます。

もちろん、1年間ほったらかしと言うのは、成果を出すことができませんが、しっかりと成果を出すために、ページ作成と被リンク対策を毎日少しずつ行うことで、期待以上の成果を出せるようになるのです。

ただし、ページ作成はもちろんノルマを達成することが大切ですが、しかし被リンクについては少なくても良いことが多くあり、実際に弊社のホームページにおいても弊社と同じキーワードで上位表示を狙っているホームページよりも現在の順位で大体2ページ目になっているのですが、その大半が弊社の10倍程度の被リンクがあります。

そのため、ホームページ運営を始めた当初については、ページ作成を行い、そしてライバルと大体ページ数がイコールになったら、次は予約投稿を行い、そして最後に被リンクを行うことで、御社の期待を超えるSEO効果になるのです。

この予約投稿については、弊社であれば大体1年分を推奨しており、1年分投稿予約をしておいて、その予約投稿期間の間にしっかりと予約投稿数を増やしていくことで、期待以上の成果を得ることが可能になるのです。

外部のホームページへの登録

その他のホームページへの登録

そしてこれはSEOを行いながらあるいは、SEO作業の前で良いと思いますが、外部のホームページへの登録作業を行います。

SEOのルールに基づくのであれば、外部のホームページへの登録はほとんど意味がないと言われていますが、しかし実際にはある程度ですが効果があると思っております。

その理由は安直なものになっていて、上がっているホームページは大体が外部のホームページへも登録をしていることになるのです。

このように外部のホームページへの登録は効果がないと言われていますが、しっかりと行う必要があり、これらをしっかりと行うことで、期待以上の成果を得ることが可能です。

そして現在はこの外部のホームページへの登録の大半がnofollow属性になっているのですが、しかし実際にデータを見ると、nofollowの割合が60%程度のホームページが上がっている傾向があるので、nofollowであってもしっかりと獲得していくことがよいと思います。

ただし、基本的にはnofollowは意味がないものだと理解をする必要があり、これらを増やしても上がることはなく、上がればラッキー程度で考えると良いでしょう。

ホームページの改善

ホームページの改善

ホームページ運営である程度集客で成果が出てお問い合わせもぽつぽつ出てきたら次に行うのが、ホームページの改善になります。

このホームページの改善についてはかなり弊社でも力を入れて、関西のホームページ制作会社でもご紹介したように、成約率を高めるホームページ改善は本当に大切なものになっています。

この成約率を高めることで、例えば月間の訪問者数が10,000人、お問い合わせ数が100人だった時に、お問い合わせ率は1%になるので、200人の問い合わせを貰うためにはSEOだけを考えると20,000人の訪問者が必要ですが、お問い合わせ率を2%まで上げるだけでお問い合わせ数は200になるのです。

これは非常に大切なものになっていて、単に集客だけを考えるのではなくしっかりとお問い合わせ数を考えたホームページ運営を行うことで、期待以上の成果を生み出せるようになります。

また、このホームページの改善においては、基本的にはアクセス解析を利用することが一般的で、アクセス解析のデータを見ながらホームページを改善していくことで、御社のホームページ制作は成功するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。