ホームページ公開後に入れたい2つのツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページ制作後に導入したい2つのツール

ホームページ制作を実施したらそれで終わりではありません。

ホームページ制作後に、しっかりとホームページ運営を行わないといけないのですが、このホームページ運営を闇雲に行っても成果を出すことはないのです。

そしてこのホームページ運営においては、データを利用して作業をしていただくことになるのですが、データを見ると意外と多くの時間を取られてしまうのですが、その際にはこのデータはホームページ運営に活かすものであると理解することが重要です。

そこで今回はホームページ運営で利用する2つのツールをご紹介いたします。

もちろん、他にもいくつか入れたいツールはありますが、今回ご紹介するツールは必須であると思っていただいて問題ありません。

グーグルアナリティクス

グーグルアナリティクス

まずグーグルアナリティクスになります。

グーグルアナリティクスは、グーグルが提供するアクセス解析になっているのですが、このアクセス解析を利用することで、ホームページが抱える問題点の抽出と改善ができるので、ホームページの成約率を飛躍的に高めることが可能なのです。

このグーグルアナリティクスは本当に優れたアクセス解析ですが、ただし、このデータを見ているだけでは成果を出せないと理解していく必要があります。

現在、このグーグルアナリティクスの利用をお伝えさせていただいたお客さまについて、稀にグーグルアナリティクスだけをホームページの運営時間に見て、アクセス数がまだ足りないなや、SEO以外の訪問者数が足りないななどばかりを理解して、実際に対策を行わない企業さまもいらっしゃいます。

確かにその気持ちは重々分かるのですが、しかし基本的にはアクセス解析は利用しなくては成果を向上させることができないので、しっかりとこれらを利用してホームページの改善を行うという前提を忘れてはならないのです。

そのためデータ量が多いので、細かく見ていくことは本当に多くの時間がかかるものになるのですが、しかし一般的な会社のホームページにおいてはそこまで訪問者数も多くないことが多いので、まずはSEO対策をチェックすること、そして次に直帰率が高いページで入口回数が多いページを発見することに力を入れるといいでしょう。

これらをしっかりと対策していくことで、御社のホームページの成約率は大きく向上いたしますし、さらにはSEO対策などにおいても、SEO力が足りないページの発見にも繋がるので、非常に効果的なホームページ制作が可能になります。

これらを利用してホームページを改善するには前提としてある程度の訪問者数があることが大切になっているので、SEOなかなかうまくいかないというときはまずはホームページのSEO対策を実施していくようにすることが重要です。

グーグルサーチコンソール

グーグルサーチコンソール

グーグルサーチコンソールはホームページ運営に関わる人すべてに見ていただきたい分析ツールになっています。

このグーグルサーチコンソールを利用することで、基本的には御社のホームページのSEO効果が高まり、さらにはSEO効果が高まることでホームページの成果も出せるようになります。

このグーグルサーチコンソールで行うこととしては、最初にXMLサイトマップの送信、そして新規ページを作成したらURLの送信の2点がメインになっています。

これらを行うことで、御社にあるすべてのページをグーグルがインデックスしてくれるようになるので、SEO効果が高まる可能性が飛躍的に高まります。

また、さらには、このグーグルサーチコンソールでは、ホームページにあるSEO上の問題点を提示してくれるのですが、これらの問題点はしっかりと改善していく必要があります。

この問題点の改善については、基本的にはホームページ制作会社でないと直せないことも多いですし、さらにはホームページ制作会社でも改善が難しいこともあります。

そのため、この改善については実は放置してもそこまでSEOに影響がないことも多いので、まずはエラーの箇所について理解をしていき、そしてグーグル検索などを使ってどれくらいSEOに影響があるかを調べ、対策をするかどうか判断すれば良いでしょう。

これらの作業をしっかりと行い続けることで、御社のホームページは飛躍的にその効果を高め、必ずSEO効果を出すことが可能になっています。

このグーグルサーチコンソールについては、すべての方がグーグルにURLの送信を行っていると思っても良いものになるので、御社もしっかりと送信してSEO効果を高めなくてはなりません。

実は他にもある

他にも入れたいツールがある

上記がホームページ制作後に必ず導入したいツールになっています。

もちろんこの二つだけではなく、他にもいくつかあるのですが、しかしすべてのホームページで上記の2つのツールは必ず導入する必要があるのです。

もちろん入れただけで効果が出るということはないのですが、しかし今は使う予定がないという場合でもしっかりと導入していくことで、後々利用する時にはデータが蓄積されるので本当に効果的なホームページ制作になります。

もちろん、現状では入っていないという方も、後からでも入れることが可能ですし、さらには導入法も簡単なため、ぜひともこれらのツールを導入していくことをお薦めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。