webサイト制作後の改善作業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
webサイト制作後の改善

webサイト制作後の改善作業は、成約率の向上や集客力の向上のために行われることが一般的です。

そしてそこで問題になってくるのが、集客力の向上というかSEOのための改善作業になっており、このSEOのための改善作業はグーグルやツイッター検索をすると、こうすれば上がったなどの小手先のテクニックの情報が豊富にあるのです。

もちろんこれらは嘘ではないにしても、このテクニックについては実はあまり役に立たないことが多くあります。

今回は、webサイト制作後の改善作業についてご紹介をいたします。

webサイトの改善は見た目で大きく変わること

改善は見た目で大きく変わる

まず、webサイトの改善は見た目が大きく変わっていくことが重要になっています。

この大きく変わっているというのが実は結構大事で、基本的には、グーグルは結構鈍感は言い過ぎにしても少しの変更だけで順位が上がるようなものではないのです。

そしてこれはwebサイトのページの作成や改定、そして被リンク対策に対しても言えるものになっており、基本的には大きくページ数が増えたり内容が大幅に変わったり、価値の高い被リンクなら少しでいいにしても基本的にはかなりの数の被リンクを集めなくてはならないのです。

そして、この情報を知っているといないでは、webサイトの運営量が大きく異なっており、ページの改定を1行の文章を変えるだけや、他のwebサイトから原稿をそのまま持ってきて、ですをますに変えるだけでは効果を得ることができないのです。

このようにwebサイトの改善作業は、もちろんプログラムと人は違うにしても改定前後でぱっと見でこのページが変わったと分かるくらいの改善を行うことが重要になっております。

では実際に弊社がこの改善作業について調べていたときに最も効果がありそうだけど、効果がないと思われる対策についてご紹介をいたします。

タイトルの変更

タイトルの変更

まず、SEOを考えたときに確かにタイトルタグは重要になってはいます。

そしてツイッターなどを見ていると、タイトルタグを少し変更しただけで大きく順位が上がったなどの情報を目にしたことはないでしょうか。

これについては改定前のタイトルがよほど悪い場合においては、確かにその作業で上げることが可能になるのですが、しかし、大変のwebサイトにおいては、ある程度はしっかりとタイトルを考えているので、実はそれほどの影響力が無いように思われます。

基本的には確かにタイトルタグは重要になるので、しっかりと定めることは本当に重要ですが、しかし実際に弊社のwebサイトでタイトルを少し変更(具体的にはwebサイトの文字をホームページに変えたり、制作を作成に変えたり)したことがありますが、その効果を測定したときにほとんどwebサイトの順位に影響をしていないのです。

そのため、もちろん最適ではないときは最低化する作業は必要ですが、基本的にはこの作業はそこまでおかしいタイトルを付けていなければこだわる必要がない要素になっているのです。

内部リンクを少し付けて上がった

内部リンク

次に内部リンクがあり、こちらはかなり微妙なラインの話になるのですが、確かに内部リンクはSEOに効果的ではありますが、その効果は比較的弱いものになっております。

そのため例えば弊社のwebサイトにおいて【webサイト制作】がトップページに重要だからという理由から、トップページに【webサイト制作】で内部リンクを行い続けてもそれほど効果を出すことができないのです。

基本的には内部リンクについては、あったほうが良いことはもちろんありますが、検索順位に大きな影響を与えるというよりもユーザの移動や検索エンジンのプログラムの移動に利用するものになっております。

単純に順位を上げたいという場合は実は内部リンクは結構効果が弱いので、その対策を行うのであれば、別の対策をしていくことの方が効果的になっております。

ただし、訪問者の誘導やロボットの誘導には非常に効果的になっているので、この2点のために内部リンクを設置することは非常に重要になっています。

追記したら上がった

追記

こちらについても追記の量によります。

基本的にはこの追記については、追記したことを検索エンジンが認識できる位の量を追記することが重要になっており、しっかりと追記の原稿量を増やすことで、文字数の向上とキーワード比率の改善が行えるようになっております。

この追記あるいは削除については、実際にキーワード比率を大幅に変えるなどを考える必要があり、大体文字数としては1000文字程度を追記していくことが重要でしょう。

これより少なかったら意味がないのか、そして追記は意味がないのかということはないのですが、上位表示対策であればしっかりとした文字数で追記していくことでより効果を出せるようになっております。

また、単純に文字数を増やすという意味で関係のない内容を追記しても意味がないので、そこは注意をすべきポイントになっております。

webサイト制作後の改善については基本的には上記のようなことを守り行うことで本当に成果を出せるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。